CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

CATEGORIES

archives

2018.12.09 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2017.12.23 Saturday

    いちCADオペレーターの庭づくり(28)

    0
      こんにちは。デザインサービスの並木です
      今月も残りあとわずか。
      年々月日の経つのが早く感じられます。
      殆どの植物が冬モードに入っている中、
      元気に花を咲かせているのがノックアウト。
      以前にも書いたかもしれませんが、この花の色気のない名前は、
      病害虫に強いところに由来しています。
      でも実際には夏に虫が葉を食い散らかし、
      季節の終わりには見るも無残な姿になっています。
      (ほぼ無農薬なので仕方ないのですが・・)
      このばらの本当の強さを感じたのは、
      11月ごろから次々と蕾を付け始め、真冬に開花すること。
      ロザリアンの間では冬ばらは咲かせていけないというのが鉄則なのですが、
      花期も驚くほど長いし、ついつい咲かせっぱなしにしてしまいます。
      玄関まわりも寂しいので、コンテナやリースや飾りものをいくつか作りました。
      使用した植物:ニューサイラン、ビオラ、白妙菊、カルーナブルガリス、アリッサム
      拾った木の実に100均で売っていた目玉と木の台を付けました
      まっくろくろすけ?
      リース1:ヒバ?松ぼっくり、赤唐辛子
           (ずっとスパイスラックに眠っていた)シナモンスティック
      リース2:ガマズミ、ローズヒップ
      夏からずっと気になっているシマトネリコも伸びに伸びています。
      先月も登場したガーデンソー、また出番だよ。
       
      今回は夫に幹を押えてもらい、
      お隣さんの家の陰になってしまっている幹を、
      地上から1Mくらいのところで1本試し切りました。
      ガーデンソーの圧倒的な馬力のおかげで、ものの数分で終了。
      なんて頼もしい助っ人なんでしょう。
      夫押える人、私切って片づける人。。
      残りは来年に持越しですね。

      先日荒れた天気の翌日にシマトネリコの上の山鳩の巣が壊れてしまい、
      雛が落ちていました。弱っている雛を見過ごすわけにもいかず、
      室内に保護しました。雛はまだ自力でえさを食べる力もなかったので、
      鳩用の穀物をすりつぶし豆乳に混ぜたものやオートミールを与えたり、
      思いがけない生活が始まりました。
      はじめまして
      シャンシャンと比べないでね
      家の中にも敵がいるのよ
      実はキャットフードがお気に入りです

      鳩はあっという間に大きくなり、室内では窮屈そうです。
      巣立ちの日もいよいよ近くなり、外に出す時間を増やしていきました。
      最初は思い切って2階から飛ばしても、すぐに地面に降りてしまうし、
      方向転換もうまくできなくて、壁に激突している姿が痛々しかった。
      でもそれを何度も繰り返しているうちに羽の使い方もうまくなっていき、
      ある日お隣さんの塀を跨いで、知らないうちにいなくなっていました。
      いつか別れの日が来ることはわかってはいたけれど、
      実際いなくなってみると何ともいえない寂しい気持ちになります。
      さようなら、何があっても生き延びるんだよ。
      酉年の締めくくりにふさわしい出来事でした。
      今年も1年間ありがとうございました。
      メリークリスマス&よい御年をお迎えください。
       

      2018.12.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック