CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

CATEGORIES

archives

2018.12.09 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2016.11.07 Monday

    代々木ビレッジ見学

    0

      こんにちは。デザインサービスの小澤です。


      先日、デザインサービスでは社外研修で
      代々木ビレッジに行って参りました。

      代々木駅から徒歩1分という場所にあるこの代々木ビレッジは、
      音楽プロデューサーである小林武史さんらがプロデュースした新商業施設です。

       

      600坪超えの敷地内には、おしゃれなカフェや
      レストランなどがずらりと並んでいるのですが、
      実はこの施設、植栽にも力を入れておりまして…。
      敷地の大部分を占める庭は、花・植物生産卸業”花宇”の5代目
      西畠清順さんがプロデュースしたものとなっています。

      一歩入ると、まるで小さな町に入ったかのような印象

      秋らしく大きなかぼちゃが置かれていますかぼちゃ

       

      西畠清純さんはプラントハンターというめずらしい職業の方。
      その仕事は、お客様の注文に応じて、国内、はたまた世界中から
      希少な植物を手に入れてくるのだそうです。

       

      代々木ビレッジにはそんな西畠さんが探してきた
      世界中のめずらしい植物たちがずらりと並んで植えられています。
      木


      広場でひときわ存在感を放つ大きな樹木、ボトルツリー木

      オーストラリア原産のものらしく、間近で見るととっても迫力があります。

       

       

      高くそびえ立つホソイトスギ

      なんとこれでまだ子どもらしく、成長すると50mくらいなるのだとか…

      敷地内の植物にはそれぞれ解説がついています

      キャチコピーなど皆ユニークで、見ていておもしろいです

       

       

      原産地の違う植物たちが隣り合って植えられている様は
      なんだかとっても不思議な雰囲気。
      どこかジャングルのような、植物園のような場所に
      迷い込んだかのような気分にさせてくれます。

       

      西畠さんはこの代々木ビレッジで世界各国の植物の共存を
      テーマとした世界観を表現したそうです。

       

      敷地内は、植物を照らすライトも多く配置されていて、
      夜になるとライトアップされ、また違った顔を覗かせてくれそうでした。


      代々木ビレッジ見学後は、また場所を移動して町並みを見学。
      普段、社内に居る中では学べないものをたくさん見ることができ、
      色々と刺激を受けた社外研修の一日でした。

       

       


      2018.12.09 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック