CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

CATEGORIES

archives

2018.12.09 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2018.10.21 Sunday

    いちCADオペレーターの庭づくり(36)

    0
      こんにちは。ユニマットリックの並木です
      ここ何週間かで急に肌寒くなってきましたね。
      私の住んでいる場所は海から数キロ離れていますが、
      先日の台風24号では塩害にやられ、
      街路や庭の樹木は変色や葉を落としているものが多く見られます。
      これから紅葉のシーズンだというのに、残念でなりません。
      そんな中で葉の厚いもの、家の植物のなかでは
      ローズマリーやイソギクは被害がありませんでした。
      今月は来年の春の寄せ植えや種まきを早くやらなくては・・と、
      庭のことで頭がいっぱいです。
      最近は植栽の知識も少し増え、
      開花の時期、高さ、配色、性質などのバランスを考えていると、
      もう何が何だかわけがわからなくなってきてしまいます。
      でも完成後の達成感より実はその迷いの過程が楽しかったりします。
      春にシマトネリコの木を処分した話を書きましたが、
      そのときの幹を捨てずに保管しておきました。
      ちょうど駐車場の中央のコンクリートの目地の部分に土留として、
      その木ががいい感じに収まってくれたので、
      植栽の部分を伸ばしました。
      芝生や匍匐で伸びていくリシマキアや
      植えっぱなしでOKの春咲き球根でまとめようか思案。。
      道路に面した部分の花壇はあまり変化がありませんが、
      成長が思わしくないものを移動させました。
      去年軒下に植えたボックセージ、カンナは成長がいまひとつ。
      ボックセージのボックは湿地という意味で湿り気のある場所を
      好むということが本に書いてあったので、
      軒下の乾燥した場所から雨の直接かかる場所に移動させてみました。
      カンナも道端でワイルドに育っている姿を多く見かけるので、
      こちらも露地へお引越しさせてみます。
       
      久しぶりにRIKCADを使い植物の配置図、リストを作成してみました。
      脳内が少しすっきり(笑)
      ※一部ネットの写真を活用させていただきました
      リストを改めて見てみると、意外と種類が豊富です。

      あまりうまく育たないものもあってまだまだ改良の余地あり。

      植える場所が1m、50センチ違うだけでも育ち方が全く変わってくるので、
      適所にふさわしい植物を選ぶのは本当に難しい。。
      夏から育てているパッションフルーツも
      塩害に遭い葉が茶色くなってしまいましたが、
      見事な花を咲かせてくれました。

      見れば見るほど不思議で個性的な花です。


      2018.08.29 Wednesday

      いちCADオペレーターの庭づくり(35)

      0

        こんにちは。ユニマットリックの並木です
        まだまだ暑い日が続きますね。
        このところ夜は10時ごろ眠くなり朝は5時ごろ目が醒める
        原始人のような生活スタイルが板についてきました。
        夏のせいなのか老化のせいなのかは、わかりません(苦笑)
        早起きしてまず最初にすることは、
        アサガオカーテンのチェック
        今日は50個近く咲いています
        透きとおった空のような青さも、
        咲き始めるとすぐに色が変わりはじめ、
        お昼にはもうくったりしてしまいます。儚い花ですね。
         
        ”植物はすごい 七不思議編”田中修著よると、
        アサガオは太陽の光に反応して咲くのではなく、
        暗くなってから約10時間後に咲くという仕組みが、
        アサガオの体内に組み込まれているそうです。
        これからはどんどん日が短くなりますので、
        それに伴いアサガオの開花時間も早くなります。
        10時間たてば、暗い中でも咲くということです。
        そうなんだーと思ったのは、私だけ?
        もう一つ、アサガオは夏のお花と思われていますが、
        西洋アサガオや琉球アサガオは9月以降が盛りで、
        秋の花なのだそうです。
        うちのアサガオもお盆が終わってから、
        本格的に咲き始めています。
        暑いし虫は多いやらで、この時期はガーデニングも
        気分的にも持続するのが難しい時期です。
        鉢花もちょっと油断して2日も水をあげないものなら、
        見るも無残な姿になってしまいます。
        雑草は鉢花とは対照的に憎らしいくらいに生えてきます。
        道路の側溝とインターロッキングの隙間の1センチあるかないかの目地。
        ここは雑草のお気に入りの場所のようです。粋じゃないけど、
        あまりにも雑草がひどいので、この前セメントで目地を埋めてしまいました。
        芝生も2週間ほどで伸びてきてしまうので、どんどん刈らないといけません。
        家の芝生は広くないので、ハンディなバリカンを使っていますが、
        それでも1作業30分はかかります。ローメンテの芝生ってないのかしら?
        日の当たらない場所はしっかり芝生が枯れてしまっているので、
        今後冬に向けてどれだけの芝生が残るか、見守っていきます。
        写真がばらばらですが、撮り溜めた写真を貼り付けます。
        ビンカ(ニチニチソウ)
        ひまわりが酷暑で早々に枯れてしまったので、その後に植えました
        耐暑性に優れたお花です
        暑さが厳しくなると予想される東京オリンピックにも
        活用できる花として関心が集まっています
        グラス類
        急激に背丈が伸びてきました
        このままだと雑草にしか見えないので、秋にもう少し買い足して、
        配置バランスを考えようと思っています
        パッションフルーツ
        去年地植えしたものは枯れてしまったので、(耐寒温度5度!)
        改めて新しい苗を買って、再チャレンジです。
        目標は越冬、実の収穫、欲をいうなら、それでお菓子を作る!
        いつものサイクリングロードの風景
        稲の収穫も目前 たわわに実った稲穂
        なし農園(ネット越し)
        さるすべりの花

        2018.07.17 Tuesday

        いちCADオペレーターの庭づくり(34)

        0
          こんにちは。ユニマットリックの並木です
          このたびの大阪府北部地震および平成30年7月豪雨で
          被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
          久しぶりの庭の様子です。
          あまり例年と変わりばえしない庭ですが壁面の緑が少しずつ増えています。
          晩生種のニゲラブルーイスタンブール
          つぼ型クレマチス
          ゆり
          メキシカンハット
          ばら2番花
          エキナセア
          ミニひまわり
          去年一時的に保護しリリースした山鳩はあの後どうしたのかと
          たまに思い出したりしていました。先日の朝ふと庭を見ると、
          山鳩のつがいが庭の前を警戒する感じもなく、悠々と歩いていました。
          育ての親が懐かしくなって、一時帰省したのでしょうか、
          何ともいえない気持ちになりました。
          夏は営巣の季節。あの風変りな鳴き声があちこちで聞こえてくることでしょう。

          2018.06.03 Sunday

          いちCADオペレーターの庭づくり(33)

          0

            こんにちは。デザインサービスの並木です
            気が付けば6月です。梅雨を目前に控え、
            残り少ない晴天の日をかみしめています

            今日は折り畳み自転車を持って、都内の新小岩駅まで行き、
            荒川沿いをサイクリング
            タチアオイが元気に咲いています
            途中知らないうちに支流の川沿いに迷い込んでしまい、、
            気が付けば江戸川に出ていました
            予定を急きょ変更し江戸川先の水元公園へ。
            こちらではちょうどあやめ祭りが開催されていました
            ブルー系の花は何とも涼しげで見るものの目を楽しませてくれます
            その後柴又を通過し帝釈天は混んでいたのでパスし、
            たまたまとおりかかった面白い名前のお寺に立ち寄りました
            しばられ地蔵尊?
            お地蔵様が縛られている??
            この地蔵尊は諸願成就、殊に難病平癒に霊験があり、
            信心の者が祈願するときは地蔵尊を縄で縛り、
            成就したときには縄を解くことから、しばられ地蔵と称したと記されています
            (HPより抜粋いたしました)
            願掛け100円と書いてありました。
            私もさっそく願掛けにチャレンジです。胴の部分にしっかりと・・
            みんなの願いがひしひしと伝わってくるようですね
            隣には出世牛という石造りの珍しい牛が鎮座しています
            牛にまたがると出世できるって!!
            図々しくも跨がせていただきました(笑)
            エンターテイメント性の高い寺だったな・・
            紫外線が気になりながらもサイクリングを楽しんだ1日でした
            庭はばらが一段落し緑が鬱蒼と茂ってきました
            芝生は今のところ順調に育っているようです
            木イチゴはランナーやこぼれ種でだいぶ株が大きくなってきました
            開花目前のニゲラ
            夏野菜一式
            手前はモロヘイヤ、つるむらさき、空芯菜
            今年の夏の花壇にはミニひまわりの種を植えました
            矮性種で丈が30センチほどに収まるかわいいタイプのようです

            2018.05.06 Sunday

            いちCADオペレーターの庭づくり(32)

            0

              こんにちは。デザインサービスの並木です
              清々しいお天気の日が続いていますね。
              今月からCADオペレーター養成講座もスタートいたします。


              GWみなさんは何をして過ごされましたか?
              最終日の今日は6時に目覚めてしまいました。
              早起きした日は時間が得した気分。
              パワーもみなぎっているので、朝いちでブログを書いています。


              今週末は前から楽しみにしていた京成バラ園に出かけてきました。
              京成バラ園は近隣の八千代市にあり、国内屈指の規模のバラ園です。
              本来でしたらばらの満開時期は5月の中旬〜後半なのですが、
              今年は例年になく開花が早く、私が行った日はほぼ見ごろを迎えていました。






              園内に入ると、高台になっているところから、
              園内の全貌を見渡すことができます。




              べるばらコーナー



              随所にばらのアーチやポールも設けてあり、

              みなさん思い思いお気に入りのばらの撮影に

              余念がありません。







              今回私が夢中になってしまったのは、モスローズ。
              がくの部分がこけのようになっていて、

              匂いを嗅ぐと松ヤニというか
              何とも形容しがたい個性的な香りがあります。




              モスローズ ゾエ




              モスローズ レネダンジュー



              モスローズ レディモス




              モスローズ ゲーテ

              野趣あふれる主張の強い風貌にすっかり夢中になってしまいました。
              これだけのモスローズはばら園を介してしか見ることができないので、
              本当に貴重です。




              こんなフォトジェニックなばらもあります。
              カフェラテ




              ばらの洪水に溺れそうです。


              ロックガーデンのコーナーも


              ショウゴエレガンと手前のばらは名前不明
              葉のコントラストが綺麗です
              ※ショウゴとは假屋崎省吾氏にちなんだ名前で、
              ハマショーではありませんでした(苦笑)

              興奮状態冷めやらぬまま園内を去り、

              その後向かったのは販売コーナー。
              ここもめまいがするくらいたくさんのばらや宿根草が、
              いい状態でしかもリーズナブルに売られています。





              長尺苗コーナー


              新苗コーナー


              1年草、宿根草も充実しています。

              販売コーナーを何度も行ったりきたり・・・
              結局ばらの苗は迷いすぎて決められませんでした。

              今回は宿根草を3苗買いました。
              じゃーん、今回の戦利品です。
              宿根キンギョソウブロンズレッド
              ベルケアプルプレア



              キンギョソウは道路に面した部分に植え、
              ベルケアは鉢植えにしました。



              ベルケアは暑さ寒さ乾燥につよい植物とのこと。
              ただし加湿に弱いので、
              土は赤玉中粒と通気性のよくなるパーライトを配合しました。


              葉のとげがするどく、サボテンのようでキク科の花とは思えません。
              どのように成長していくのか楽しみです。







              我が家のばらも春を謳歌しています


              タモラ 頭が重たすぎてうなだれています


              去年購入したカザンリクは1輪だけ花をつけました
              シュートがたくさん展開しているので、
              来年以降が楽しみです。
              新苗は株が大きくなるのに時間がかかるけど、
              待って育てる楽しみが味わえますね。
              園芸は待つことの大切さを教えてくれます。



              小ぶりですが、玉ネギが収穫できました。
              次に植える野菜栽培の計画も立てなくては!

              今回は個人的な思い入れの強いばらに終始したレポでした(汗)


              2018.04.01 Sunday

              いちCADオペレーターの庭づくり(31)

              0

                こんにちは。デザインサービスの並木です
                ここ1週間くらいで、急速に暖かくなってきました。
                4月をスキップし、5月になってしまったかのようです。

                先月庭のシマトネリコを抜いた話はブログに書きましたが、
                抜いた後の場所に何を植えるか・・

                少し離れた軒下にヤマボウシが植えてあり、
                その場所は窮屈そうなので、引っ越しさせることにしました。

                ヤマボウシは不遇の場所で育ってきたので、
                今度はうまく育ってくれるといいな・・


                庭もだいぶ日がさすようになったので、
                荒れていた芝を思い切って敷き替えることにしました。


                RIKCADは面積計算してくれる機能もあるので、便利です。

                まずは地を裸にし余計な石やごみを取り除き、平らに均します。


                ホームセンターで購入した芝を、規則正しく並べていきます。

                タイルカーペットのようだねー
                目の隙間は芝用の目土というのがあるので、

                そこを塞ぐように万遍なく。
                最後は全体に水をかけ、後は芝の成長を待つだけ。






                庭の植物も爆発的に開花してきました。
                ビオラ、アリッサム、白妙菊、ヒューケラ、オレガノノートンズゴールド、
                リシマキアヌムラリアオーレア、ミニチューリップ





                ムスカリ、クチベニスイセン

                近所のお散歩コースの花たち


                ハナニラ

                ダイコンバナ


                ヒマラヤユキノシタ

                ユキヤナギ


                サイクリングコースの公園も桜と菜の花に衣替え


                桜のトンネル


                すみれの群生


                どんぐりの芽吹き

                何気ない場所に春が溢れだしています
                 


                2018.03.02 Friday

                いちCADオペレーターの庭づくり(30)

                0
                  こんにちは。デザインサービスの並木です
                  厳しい冬の日が減り、ちらほら春の気配が感じられる日が増えてきました。
                  あっという間に3月です。お天気に合わせて気持ちも華やいできます。

                  先週はまた運動不足解消のため、いつものサイクリングコースを辿り、
                  八千代の道の駅まで、ひとっぱしり。
                  川沿いの河津桜が咲いているのを期待していましたが、
                  1分咲にもほど遠いかな。







                  帰りは向かい風と久々の中距離を走ったためか、
                  太ももがぱんぱんになり、途中何度も自転車を降りてしまいました。
                  帰って気が付けば、タイヤの空気が抜けていた!

                  今回の道の駅での戦利品はふきのとうと地元産のキウイ。



                  キウイは輸入物ではない八千代市産というところが気になって、
                  購入してみました。少し前にテレビで見聞きした記憶だと、
                  切ったときに横に広がっている扁平状のものが、
                  ”キウイの長男”と言われ、栄養や水分が充分いきわたり美味しいそうです。
                  何となくそんなキウイが多く入ってそうなパックを選んできました。
                  断面は見事に横だねーー!


                  味は思っていたほどでもないかな・・
                  ふきのとうは天ぷらにして、いただきました。



                  庭のシマトネリコの根っこ堀り。
                  少しずつじわじわ掘り出していきました。


                  10年前にはひょろひょろだったのに、恐るべき成長力。
                  樹木の成長力をなめてはいけないね。
                  シマトネリコを抜いた部分は何も視界を遮るものがなく
                  丸見えになってしまったので、
                  今の植え場所があまりよくない
                  ヤマボウシをお引越しさせようと思っています。
                  こちらも樹高が3mほどあるので、
                  移植も大変だし、根付くかどうか・・
                  もう少し早くいろいろ気が付けばよかったというか、
                  でも今気づいてよかったという感じです。

                  遠くに行かなくても、通勤道の桜が満開になっていました。



                  庭にも春の息吹が、ところどころに見られます。


                  ラムズイヤー
                  おおっ、子株が増えてる!



                  ノコギリソウ


                  ニゲラ
                  春よ、ようこそ〜♪

                  2018.01.27 Saturday

                  いちCADオペレーターの庭づくり(29)

                  0
                    こんにちは。デザインサービスの並木です
                    今月は例年にないような寒い日が続き、体の芯から凍ってしまいそう。
                    東京も雪一面に覆われ、首都圏の交通網は大混乱に見舞われました。
                     
                    我が家の庭も一面雪で真っ白です。
                    冬ばらの剪定、誘引はラッキーなことに、
                    お正月休みに早めに終わらせておいてありました。
                    今年はシュートを切らず延ばしっぱなしにしておいたので、
                    先端の方は2階に達するまでに。
                    枝は丁寧に広くくの字型に横に伸びるように、壁に這わす。
                    壁の上の方もつるで覆うことができたので、春の開花が楽しみです。
                    パッションフルーツは地植えしてしまい、根も相当深く張っていて、
                    鉢に戻すことができないので、根の周りをプラスチックの柵で囲み、
                    表面は落ち葉で覆い防寒対策を施しました。
                    葉は半枯れしていますが、どうなるかな?
                    銅葉のカンナも同様に。
                    先月のシマトネリコの選定の続き。
                    まだ幹が5本くらい残っていたので、
                    週末や休みの日に小分けにカットし、地表はカット完了。
                    枝のカットは終わっても根はまだ残っていて、
                    地面を少しずつ掘り下げてみると、
                    ごぼうのような根が網のように
                    広範囲に張り巡らされています。
                    幹の直下はこんなに太い根が・・
                    重機も持ち込めないのに頭がくらくらしてきました。
                    のんびり作業しないと、途中で放棄したくなっちゃいますね。
                    今月は寒くて作業があまりできないので、家の中でお菓子作り。
                    こちらのお菓子の紙型はCADで作図しました。
                    4センチの円を均等に配置して、ものの数分で作図完了です。
                    (遊んでばかりでなくしっかりお仕事もしていますよ!)
                    初めてのマカロンづくり・・家族には及第点いただきました♪
                    ひっそりと咲く原種のクリスマスローズフェチダス
                    さみしい冬の庭に彩を添えてくれています

                    2017.12.23 Saturday

                    いちCADオペレーターの庭づくり(28)

                    0
                      こんにちは。デザインサービスの並木です
                      今月も残りあとわずか。
                      年々月日の経つのが早く感じられます。
                      殆どの植物が冬モードに入っている中、
                      元気に花を咲かせているのがノックアウト。
                      以前にも書いたかもしれませんが、この花の色気のない名前は、
                      病害虫に強いところに由来しています。
                      でも実際には夏に虫が葉を食い散らかし、
                      季節の終わりには見るも無残な姿になっています。
                      (ほぼ無農薬なので仕方ないのですが・・)
                      このばらの本当の強さを感じたのは、
                      11月ごろから次々と蕾を付け始め、真冬に開花すること。
                      ロザリアンの間では冬ばらは咲かせていけないというのが鉄則なのですが、
                      花期も驚くほど長いし、ついつい咲かせっぱなしにしてしまいます。
                      玄関まわりも寂しいので、コンテナやリースや飾りものをいくつか作りました。
                      使用した植物:ニューサイラン、ビオラ、白妙菊、カルーナブルガリス、アリッサム
                      拾った木の実に100均で売っていた目玉と木の台を付けました
                      まっくろくろすけ?
                      リース1:ヒバ?松ぼっくり、赤唐辛子
                           (ずっとスパイスラックに眠っていた)シナモンスティック
                      リース2:ガマズミ、ローズヒップ
                      夏からずっと気になっているシマトネリコも伸びに伸びています。
                      先月も登場したガーデンソー、また出番だよ。
                       
                      今回は夫に幹を押えてもらい、
                      お隣さんの家の陰になってしまっている幹を、
                      地上から1Mくらいのところで1本試し切りました。
                      ガーデンソーの圧倒的な馬力のおかげで、ものの数分で終了。
                      なんて頼もしい助っ人なんでしょう。
                      夫押える人、私切って片づける人。。
                      残りは来年に持越しですね。

                      先日荒れた天気の翌日にシマトネリコの上の山鳩の巣が壊れてしまい、
                      雛が落ちていました。弱っている雛を見過ごすわけにもいかず、
                      室内に保護しました。雛はまだ自力でえさを食べる力もなかったので、
                      鳩用の穀物をすりつぶし豆乳に混ぜたものやオートミールを与えたり、
                      思いがけない生活が始まりました。
                      はじめまして
                      シャンシャンと比べないでね
                      家の中にも敵がいるのよ
                      実はキャットフードがお気に入りです

                      鳩はあっという間に大きくなり、室内では窮屈そうです。
                      巣立ちの日もいよいよ近くなり、外に出す時間を増やしていきました。
                      最初は思い切って2階から飛ばしても、すぐに地面に降りてしまうし、
                      方向転換もうまくできなくて、壁に激突している姿が痛々しかった。
                      でもそれを何度も繰り返しているうちに羽の使い方もうまくなっていき、
                      ある日お隣さんの塀を跨いで、知らないうちにいなくなっていました。
                      いつか別れの日が来ることはわかってはいたけれど、
                      実際いなくなってみると何ともいえない寂しい気持ちになります。
                      さようなら、何があっても生き延びるんだよ。
                      酉年の締めくくりにふさわしい出来事でした。
                      今年も1年間ありがとうございました。
                      メリークリスマス&よい御年をお迎えください。
                       

                      2017.11.24 Friday

                      E&Gアカデミー×季刊「庭 NIWA」特別企画講座 「土の中から庭を考える」セミナー

                      0

                        こんにちは
                        デザインサービスの小澤です。

                         

                        先日、11月20日にユニマット青山ビルにて
                        E&Gアカデミー×季刊「庭 NIWA」(建築資料研究社)特別企画講座
                        「土の中から庭を考える」が行われましたので、
                        私も仕事の合間を縫って、聞きに行って参りましたニコ


                        今回のこの特別講座
                        サブタイトルでは、
                        「土中環境を正しく理解し、心地よさが持続する雑木の庭を造る」
                        と題されており、
                        最近人気が高い雑木の庭、そしてそれに関わる
                        土中環境についての内容ということもあり、
                        多くの来場者の方にお越し頂いておりました。

                         

                        普段、なかなか学ぶ機会のない土中環境についての講座。
                        少々難しい内容でもありましたが、
                        様々な事例を交えて解説をして頂き、
                        大変興味深い内容でした。

                         

                        講座の中で、土中環境が整った庭を造るには、
                        根の力の強い高木が必要であり、
                        高木、中木、亜高木を
                        偏りなく配植することが大切だというお話を聞き、
                        改めて自然環境はバランスによって成り立っている
                        ということを感じさせられました。


                        私も雑木の庭に憧れる人間のひとりですが、
                        青々とした繊細な葉、美しい樹形に彩られた雑木の庭には、
                        町の中に居ながらも、ふっと心が自然の中に還るような
                        心地よさがあるように思えます。


                        そこに住む人が心地よさを感じる庭。
                        自然と寄り添うような、美しい環境を維持していくためには、
                        土中環境という普段の生活では見えない部分にも
                        今一度目を向けていく必要があるということを、
                        学ぶことができたセミナーでした。


                        | 1/6PAGES | >>