CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

CATEGORIES

archives

2017.12.23 Saturday

いちCADオペレーターの庭づくり(28)

0
    こんにちは。デザインサービスの並木です
    今月も残りあとわずか。
    年々月日の経つのが早く感じられます。
    殆どの植物が冬モードに入っている中、
    元気に花を咲かせているのがノックアウト。
    以前にも書いたかもしれませんが、この花の色気のない名前は、
    病害虫に強いところに由来しています。
    でも実際には夏に虫が葉を食い散らかし、
    季節の終わりには見るも無残な姿になっています。
    (ほぼ無農薬なので仕方ないのですが・・)
    このばらの本当の強さを感じたのは、
    11月ごろから次々と蕾を付け始め、真冬に開花すること。
    ロザリアンの間では冬ばらは咲かせていけないというのが鉄則なのですが、
    花期も驚くほど長いし、ついつい咲かせっぱなしにしてしまいます。
    玄関まわりも寂しいので、コンテナやリースや飾りものをいくつか作りました。
    使用した植物:ニューサイラン、ビオラ、白妙菊、カルーナブルガリス、アリッサム
    拾った木の実に100均で売っていた目玉と木の台を付けました
    まっくろくろすけ?
    リース1:ヒバ?松ぼっくり、赤唐辛子
         (ずっとスパイスラックに眠っていた)シナモンスティック
    リース2:ガマズミ、ローズヒップ
    夏からずっと気になっているシマトネリコも伸びに伸びています。
    先月も登場したガーデンソー、また出番だよ。
     
    今回は夫に幹を押えてもらい、
    お隣さんの家の陰になってしまっている幹を、
    地上から1Mくらいのところで1本試し切りました。
    ガーデンソーの圧倒的な馬力のおかげで、ものの数分で終了。
    なんて頼もしい助っ人なんでしょう。
    夫押える人、私切って片づける人。。
    残りは来年に持越しですね。

    先日荒れた天気の翌日にシマトネリコの上の山鳩の巣が壊れてしまい、
    雛が落ちていました。弱っている雛を見過ごすわけにもいかず、
    室内に保護しました。雛はまだ自力でえさを食べる力もなかったので、
    鳩用の穀物をすりつぶし豆乳に混ぜたものやオートミールを与えたり、
    思いがけない生活が始まりました。
    はじめまして
    シャンシャンと比べないでね
    家の中にも敵がいるのよ
    実はキャットフードがお気に入りです

    鳩はあっという間に大きくなり、室内では窮屈そうです。
    巣立ちの日もいよいよ近くなり、外に出す時間を増やしていきました。
    最初は思い切って2階から飛ばしても、すぐに地面に降りてしまうし、
    方向転換もうまくできなくて、壁に激突している姿が痛々しかった。
    でもそれを何度も繰り返しているうちに羽の使い方もうまくなっていき、
    ある日お隣さんの塀を跨いで、知らないうちにいなくなっていました。
    いつか別れの日が来ることはわかってはいたけれど、
    実際いなくなってみると何ともいえない寂しい気持ちになります。
    さようなら、何があっても生き延びるんだよ。
    酉年の締めくくりにふさわしい出来事でした。
    今年も1年間ありがとうございました。
    メリークリスマス&よい御年をお迎えください。
     

    2017.12.07 Thursday

    書籍購入に使える年内限定クーポン配布中!

    0

      こんにちは。デザインサービスの新田です。

      RIKSTOREでは期間限定で販売中の書籍がさらに5%OFFになるクーポンを配布中です!

       

      明日からの仕事に役立つ

      (一社) 日本エクステリア学会 編著

      「エクステリアの施工基準と標準図及び積算 編」

       

      が、定価3,500円+税のところ

      20%OFFの 2,800円+税 にて販売中エクステンション

      さらにクーポン利用で25%OFFになりますゆう★

      https://rik.theshop.jp/items/7062893

       

      12/31までの期間限定ですので

      ご検討中の方はぜひこの機会にご利用くださいクローバー


      2017.11.29 Wednesday

      いちCADオペレーターの庭づくり(27)

      0
        こんにちは。デザインサービスの並木です
        今日は11月29日。いい肉の日だそうです。
        スーパーでは朝から肉が大安売りでした。
        今日の午後は玄関前のシラカシの木の剪定を行いました。
        この木はここに住み始めてから、
        1度もまだ剪定したことがありません。
        年々木は緩やかに大きくなり、
        自身の重みで木のバランスが悪くなっています。
        例年のシマトネリコの剪定に懲りて、
        今年はじゃーん!ガーデンソーです。
        本当ははしごの上では使っていけないのだけど、
        他に方法がないので、
        電源につないでスイッチを入れると、
        想像以上に大きな音がして怖いです。
        はしごの6段目で、やっとカットする場所にたどり着き、
        自分が高所恐怖症なことに今更気が付いた。
        木はあっさり切れるけど、切り口がきれいでないし、
        木の跳ね返りが恐ろしい。
        これは剪定した木を地上でさばくための道具ですね。
        でもおかげ様で今年は作業がさくさく進みました。
        いつもの落ち武者カットです。
        枝は可燃物として処理しますが、
        葉は活用できるので、
        裏庭に捨て土やコメぬかを被せ、
        再生土として蘇らせます。
        前庭のコンテナ部分に春咲の球根を植えました。
        チューリップ、ムスカリ、すいせんなどなど。
        土は裏庭に捨てた落ち葉で作った土、赤玉土、ミリオン、化成肥料、
        灰、甲殻類の殻を細かく砕いたもの(近所の農家さん伝授)などを
        適量ブレンド(その日の気分で♪)して作ります。
        やせ土を好む花もあるので、
        その場合肥料や再生土は少なめに入れます。
        これだけいろいろなものを入れると
        何が有効なのかわからなくなってきますが、
        以前より植物の根張りがよくなったような気がします。
        先月種まきした花の芽(ニゲラ、クラスペディア)も、
        少しずつコンテナに植え替えています。
        遅まきした春菊やレタスは芽が出てこないな・・
        先日畑をやっているご近所さんに
        大根ととうがらしをいただきました。
        大根は普通におでんやふろふき大根にしてもいいけど、
        今回はたんざく切にし半日だけ日干して、漬物にしました。
        (天日干しの後完成品の写真を撮るのを忘れてしまいました)
        とうがらしの青い部分は、
        今回は味噌と炒めてとうがらし味噌にしました。
        とうがらしは種の部分に辛みがあるので、
        種を一生懸命取り除きましたが、
        完成品はそれでも相当辛いです。
        まだ剪定しなくてはいけない大物が残っています。
        来月に続く〜

        2017.11.24 Friday

        E&Gアカデミー×季刊「庭 NIWA」特別企画講座 「土の中から庭を考える」セミナー

        0

          こんにちは
          デザインサービスの小澤です。

           

          先日、11月20日にユニマット青山ビルにて
          E&Gアカデミー×季刊「庭 NIWA」(建築資料研究社)特別企画講座
          「土の中から庭を考える」が行われましたので、
          私も仕事の合間を縫って、聞きに行って参りましたニコ


          今回のこの特別講座
          サブタイトルでは、
          「土中環境を正しく理解し、心地よさが持続する雑木の庭を造る」
          と題されており、
          最近人気が高い雑木の庭、そしてそれに関わる
          土中環境についての内容ということもあり、
          多くの来場者の方にお越し頂いておりました。

           

          普段、なかなか学ぶ機会のない土中環境についての講座。
          少々難しい内容でもありましたが、
          様々な事例を交えて解説をして頂き、
          大変興味深い内容でした。

           

          講座の中で、土中環境が整った庭を造るには、
          根の力の強い高木が必要であり、
          高木、中木、亜高木を
          偏りなく配植することが大切だというお話を聞き、
          改めて自然環境はバランスによって成り立っている
          ということを感じさせられました。


          私も雑木の庭に憧れる人間のひとりですが、
          青々とした繊細な葉、美しい樹形に彩られた雑木の庭には、
          町の中に居ながらも、ふっと心が自然の中に還るような
          心地よさがあるように思えます。


          そこに住む人が心地よさを感じる庭。
          自然と寄り添うような、美しい環境を維持していくためには、
          土中環境という普段の生活では見えない部分にも
          今一度目を向けていく必要があるということを、
          学ぶことができたセミナーでした。


          2017.10.29 Sunday

          いちCADオペレーターの庭づくり(26)

          0
            こんにちは。デザインサービスの並木です。
            秋も深まり、だんだんコートの出番が多くなってきました。
            先月つつじの隙間に宿根草を植えたということはブログに書きましたが、
            その後その道路まわりの部分を、どーしても変えたい気分になってしまいした。
            でも今月は遅い台風が来たり雨の日が多く、
            なかなか庭作業の予定が作れない。
            何とか1日だけ晴れの日を見つけ、朝から作業開始!
             
            ターゲットは中が空洞化し、
            半分枯れかかったローズマリー(マリオ)とそのまわり。
            ローズマリーはまだ他に1本残っているし、
            マリオは見た目ももう美しくないので、今回処分します。
            10年近くの樹齢なので、だいぶ根も深い。
            何度もしりもちをつきながら、やっと根っこが取れた。
            木の中は腐っていて、ありの格好のすみかになっていました。
            周りのつつじも、この際だから、思い切って抜く。
            ちょうど1m弱×50センチくらいの空きスペースができました。
            ここは日当たりがよく、我が家の一等地。
            何を植えようかな〜
            春のばらショーで購入した”カザンリク”と、
            その他久々にネットで大人買いした
            宿根草何種類かを、バラの手前に配置しました。
            駐車場脇のボーダー花壇で花付があまり思わしくなかった植物も、
            ついでにこちらにお引越し。
            写真や文章で書くよりRIKCADで図を示した方がわかりやすいので、
            こんな感じです。花の配色も一応考えましたが、
            今回は葉の高さ、形状や質感の違うものを、
            バランスよく配置することを意識しました。
            先月種を蒔いたもの、さし木したものの成長具合はどうでしょうか。
            種まきは忘れな草、クラスペディア(キク科の花)、矢車草、ニゲラを蒔きました、
            矢車草は種が古いのか、条件が悪いのか、今のところ発芽率0です。
            ニゲラは発芽するときに光が当たるとよくないそうなので、暗い場所で管理しました。
            2週間くらいで、やっと発芽してくれました。
            忘れな草
            クラスペディア(キク科の花)
            ニゲラ
            ちなみに花言葉・・当惑、英名love in the mist だそうです
            ラベンダーのさし木は今回は成功したようです。
            まだ苗が頼りないので、ポットに植え替え、
            もう少し大きくなるまで、様子を見ることにします。
            ダスティミラー等その他の挿し木した植物は失敗。
            挿し木もまだまだわからないことだらけ。

            先月植えた玉ねぎはこんな感じで、芽が出ています。
            イングリッシュローズ タモラ
            秋バラは春に比べて花付が少ないですが、低温の影響か、
            色が際立ち、春ばらより美しく見えます。
            コンテナの寄せ植えはまだ作業していないので、また来月に続きます〜

            2017.10.16 Monday

            GARDEX視察

            0


              こんにちは。デザインサービスの小澤です。
              すっかり寒くなってきましたね。
              特に今日は12月中旬並みの気温だそうで…
              体が寒さについていけませんDocomo_kao19


              さて、先週は幕張メッセで開催された
              ガーデンEXPO(GARDEX)に行って参りました。

              不覚にも写真を撮り忘れてしまいましたが、
              リックも出店させて頂きました!
              (ご来場頂きました皆様、ありがとうございます)

               

              今回エクステリアのメーカーさんは少なかったですが、
              近くには、タカショーさんのブースがありました。


              タカショーさんは、ベジトラグなどのプランターを中心とした出店。

              普段はなかなか実物を見る機会が少ないので、じっくり見させて頂きました。


              こちらは、IFEX フラワー大賞2017のコーナー。
              今年も新しい品種が沢山出ていました。

              豊富な品種の胡蝶蘭花花
              レモンパイなんてかわいい名前ですねレモン

               


              また、今回はセミナーを2つ受講してきましたので、
              少し内容をご紹介したいと思います。

               

              1つ目は、“廃材のスタイリスト”として有名な
              (有)プレイスケープの金井良一さんのセミナー。
              「ブリコラージュの庭」をテーマとして、
              これまで金井さんが造ってきた庭の事例を紹介して頂きました。

               

              お話によると、金井さんのところに来るご依頼は、
              保育園・園庭のリフォームのご依頼などが多いそうです。
              保護者の方々が持ち寄ったタイヤなどの廃材を使い、
              子ども達が遊べる築山や、花壇を作成していく金井さんは、
              まさにアイデアマンきといえる方。
              そんな金井さんの造った園庭は、沢山の工夫がなされていて
              大人でも見ていてワクワクしてしまうようなお庭ばかりでしたちゅん

               

              また、個人邸の事例もご紹介頂きましたが、
              こちらの場合、材料はできる限りホームセンターで買えるものを中心とし、
              お施主様と一緒に作り上げていくことが多いそうトンカチ
              その理由は、
              「ホームセンターで買える材料を使い、
              施工も一緒にやってその時に作り方を説明しておけば、
              完成後もお施主様自身の力で管理やメンテナンスがきくから」
              ということでした。

               

              身の回りの物を再利用して庭造りをする「ブリコラージュの庭」。

              まかせっきりでなく、お施主様自身も携わることにより、

              きっとさらに特別な、愛着の湧く庭となっていくのだと思いました。

               

               

              続いて、2つ目のセミナーは
              園芸業界の今後について今注目の4名の方によるトークショー。

               

              講演者は、
              司会進行の(株)ストロボライトの石塚さん
              フラワースタイリストの前田さん
              parkERsの梅澤さん
              (株)ユニバーサル園芸社の平田さん
              でした。

               

              なお、ユニバーサル園芸社の平田さん以外は、
              全員異業種からの転職でこの業界に入ってきた方々です。

              会場に着くと既に多くの人が集まっており、関心の高さが伺えました。


              トークショーでは、いくつかのテーマに沿って座談が行われましたが、
              “最近の顧客ニーズについて”というテーマでは、
              20代のオシャレに関心のある若い人の間で、
              ネイティブフラワーの人気が高まっているというお話や、

              顧客が投資対効果の見える化を求めるようになってきているという

              お話を聞くことができました。

               

              また、”今後の集客やプロモーションについて“のテーマの中では、
              ・植物マニアの人はターゲットとしていない
              ・お客様は待つものではなく迎えにいくもの
              などのお話があり、従来の考えや方法にとらわれず、
              新たな客層の開拓や、時代に合ったPRの仕方を考え実行していくことの

              必要性を改めて考えさせられました。

               

              新しいアプローチを考えること、既存のやり方にとらわれないこと、

              簡単なことではありませんが、人々の関心も業界もどんどん変わっていくもの。

              リックも負けじと、新しいことを始めていきたいですね!


              2017.10.04 Wednesday

              書籍販売のお知らせ

              0

                こんにちは。デザインサービスの新田ですニコ

                 

                今回は書籍の特別価格販売のお知らせです!

                 

                エクステリア工事をされているすべての皆様へ

                ・ブロック積に必要な基礎形状知ってますか?2段だったら?6段だったら?

                ・ブロックの上にフェンスを乗せたとき、基礎はどの程度必要か知ってますか?

                ・RC造の必要形状知ってますか?

                 

                こんな疑問に役立つ

                (一社) 日本エクステリア学会 編著

                「エクステリアの施工基準と標準図及び積算 編」

                 

                が、定価3,500円+税のところ 

                20%OFFの 2,800円+税 にて販売中エクステンション

                 

                https://rik.theshop.jp/items/7062893

                 

                ぜひこの機会にご利用くださいクローバー


                2017.10.01 Sunday

                いちCADオペレーターの庭づくり(25)

                0

                  こんにちは。デザインサービスの並木です。

                  今日から10月。心地のよい快晴の日が続いていますね。
                  CADオペレーター養成講座も先月から始まりました。

                  秋口になりなまっている体を鍛えるために、
                  家から20キロほどの場所にある道の駅を折り返し地点と決め、
                  自転車で走りました。

                  国道を真っ直ぐ進み川沿いに入ると、
                  すぐにこんな緑がわさわさしている光景が見られます。
                  ランニング中の人、夫婦でウォーキングをしている年配の方たちらしき人が
                  ちらほらいるくらいで、人影まばらなところがまたいい。




                  道沿いにはどっしりした桜の大木がたくさんあり、
                  春にはきっと見事な桜が見られるのだろう




                  途中で立ち寄った公園は黄花コスモスが満開でした



                  庭の手入れは何となく停滞気味であまり計画が進まず・・(苦笑)






                  この時期になるとしその穂が立ち葉が固くなってあまり美味しくなくなるので、
                  葉は全部収穫し、料理上手の友人にいただいた本に
                  大葉ジェノベーゼソースというしそを大量に消費できるレシピがあったので、
                  さっそく作ってみました。
                  フードプロセッサーがうまく回転してくれずに、
                  すり鉢に入れてすりこ木で潰してみたり⇔プロセッサー
                  いやー大変でした
                  アンチョビとにんにくが入っているので、
                  洋風でも和風でもどちらにも合います。
                  しその穂は茎から実を摘み、さっとかるく湯がいて塩漬けに。


                  コリウスもしそ科の植物なので、こんなかわいらしいお花が咲くんですよ
                  (剪定しているのでほとんど咲いていませんが)


                  一番手前のコンテナにはホームセンターに玉ねぎの株が売っていたので、
                  こちらを植えることにしました。数を数えたら50球弱ある。
                  株間15センチって説明書きにあるけど、無理無理。
                  株間5センチくらいのチューリップの寄せ植え状態になってしまった。


                  写真撮るの忘れた!
                  植えた後の写真を載せてもね。。どんな風に育つのかな?








                  駐車場脇のボーダーに植えている宿根草は何とか花は咲くが、
                  夏至以降はあまり元気がない。株は増えているだけに、残念。
                  やはり道路に面した日当たりのいい場所が、
                  どんな丁寧な世話より効果的なのかもしれない。
                  でもここにはつつじが・・つつじの脇をちょちょっと堀り、
                  株が増えたノコギリソウやラムズイヤーを植えてみました。
                  来年以降の様子が少し楽しみです♪

                  春にさし木したラベンダーは根付いてくれずに、失敗してしまいました。
                  確か私”このやり方でやればだいたいうまくいきます”と
                  いうようなことを書いたような。見直すのも恥ずかしい。

                  注意した点は前回と重なる点もあるかもしれませんが、以下の通りです。
                  ・未使用のきれいな栄養のない土を使う(赤玉土等、培養土は×)
                  ・発根促進剤を使う
                  ・土はさし木の前に予め湿らせる
                  ・植えた後は明るい日陰に(室内でもOK)、
                  さし木した芽がなるべく動かないように霧吹き等で丁寧に水やりする

                  ラベンダー以外にも欲が出てきて、いろいろ挿してみたくなりました。





                  今回はどうでしょうか。



                  アルバセミプレナのローズヒップが赤く色づいてきれいです。
                  次回は秋の種まきレポをお届け予定です。


                  2017.08.27 Sunday

                  いちCADオペレーターの庭づくり(24)

                  0
                    こんにちは。デザインサービスの並木です。
                    今月はぱっとしないお天気の日が多かったですね。
                    蝉の鳴き声も心なしか弱弱しい気がします。
                    今日は6時前に猫の頭突きで目覚める。
                    早い時間に通路沿いのお掃除をすることにしました。
                    紫外線が気になるけど、そんな悠長なことは言っていられない。
                    通路沿いにはつつじやヘデラが植えてありますが、
                    ここ何年かヘデラの勢いがすごいのです。
                    夏場は1か月もしないうちに、
                    壁伝いに葉がどんどん伸びてきて
                    葉の裏はこんな髭のような根が生え、
                    壁に吸盤のように貼りつき厄介なこと・・
                    躊躇せずにどんどんカットしていきます。
                    すっきり♪
                    ローズマリコ
                    久々の登場
                    だいぶ伸びてます
                    こちらもすっきりさせました
                    マリオは日ざしが強すぎるのか、マリコより葉の傷みがひどいです
                    カット後の葉は束ねたり袋に入れて、
                    消臭剤として使ったりすることもあります。
                    イソギクはこの場所に合うのか、だんだん勢力を拡大しています。
                    葉のまわりの白い縁取りが、花壇のいいアクセントになっています。
                    秋の黄色の花もきれいだしね。
                    つるばらは5月の花後はほとんど手入れをしないので、
                    この時期はほぼ病気や虫食いにかかっている。
                    それが嫌で去年までは花後の枝はカットしていたのだが、
                    ご近所のばらが見事な家がシュートを伸ばしているのを見て、
                    今年はそれに倣って私もそのままに。
                    パッションフルーツまで絡んでも2階まで届きそうな勢いです
                    これはユリの芽かな??小さい・・・
                    雑草のど真ん中で発芽したのが不運でした。
                    ご近所ではこぼれダネでたくさんの花を咲かせててきれいです。
                    来年はもっといい場所にこぼれてね(笑)
                    夏の花壇にはかかせないサルビア
                    ゼラニウムチャンピオン
                    改良品種で夏に強いとありましたが、
                    ほとんど葉焼けがすることもなく花もしゃんとしている。
                    こういう育てやすい品種を作った人はどんな人なんだろうな・・
                    地味で根気の要る作業との繰り返しなんだろうな・・
                    ペチュニア
                    花のサイズが大きかったので今年は比較的管理がしやすかった。
                    花の少ない夏に元気に咲いてくれます。
                    ラズベリー
                    気が付いたらまた実がなっている!
                    慌てて肥料を株元に撒きました
                    しそは日照時間がすくなかったのが吉と出、
                    柔らかいしそに育ってくれた
                    殺菌作用あり、肉の臭み消しにも使えるし、
                    夏の庭に1本は欲しいハーブ
                    プランターかぼちゃは残念な結果に終わった。
                    こんなに小さくては食べる気にもならない。
                    2か月後はハロウィンだし、窓辺に飾っておきます(苦笑)
                    こちらは先日帰省した際道の駅で購入した野菜たち
                    いつもは果物の最盛期でもっとたくさんのフルーツが
                    店頭に並んでいてもよいのですが、
                    今年は長雨の影響か種類が少なかったです
                    ちょっと珍しいのがジャンボにんにく
                    普通の大きさのにんにくの3倍ほどある。
                    臭みは通常のものより少なく、ほくほく感が高い。
                    皮付きのものを鶏と一緒に揚げていただきました。
                    プチトマトは塩をかけてオーブンの弱火で乾燥トマトに
                    ブルーベリー、プルーンのジャム、乾燥トマトのオリーブオイル漬け

                    毎年作っているアジサイのリース
                    梅雨時期の雨不足で花があまり咲いてくれませんでした。
                    リースに仕立てるにも花が少なく、いろいろ考えて
                    ダスティ―ミラーや壺型クレマチス、クレマチスの種などと
                    組み合わせ、無理やり作成。最初は気に入らなくても、
                    何日か眺めているとそれなりの愛着が湧いてきます。

                    2017.08.07 Monday

                    parkERs オフィス見学

                    0

                      こんにちは。デザインサービスの小澤です。

                      気づけばあっという間に8月。

                      朝、家を出るとプールバッグを持った小学生が歩いていて、

                      夏休みが恋しくなる今日この頃です。

                       

                      先週は、社外研修で表参道にある
                      parkERsさんのオフィスを見学させていただきました。

                       

                      parkERsは2013年に設立された会社で、
                      グリーンを使った空間デザイン事業を行っています。
                      (母体となる株式会社パーク・コーポレーションは、
                      生花販売(青山フラワーマーケット)やカフェ事業、

                      スクール事業などを行っています)

                       

                      「日常に公園の心地よさを」というコンセプトで空間つくりを行っている
                      parkERsさんのオフィスや打合せスペースは、
                      五感に訴えかける要素が沢山取り入れられています。

                      まずは打ち合わせスペースをご紹介していただきました。

                       


                      打合せスペース。ライトが当たることにより、
                      壁に木の影が映って、木漏れ日が差しているような印象を与えています。

                       

                      ナチュラルな木の机。触れるとでこぼこしていて、
                      公園の机やベンチのようです。

                      五感の一つ、“感触”を意識させてくれます。

                       

                       

                      下にバークチップが敷かれた斬新な打合せスペース。
                      ものすごい緑視率です!


                      机はparkERsさんのオリジナルデザインのもので、
                      ガラス天板越しに下のプランターのグリーンを見ることができます。
                      打ち合わせをしながら、緑を感じることができるなんて素敵ですね。

                       

                       

                      parkERsさんの強みは、「空間デザインのプロ」と「植物のプロ」が
                      社内に共存していること。

                      もともとは青山フラワーマーケットの施工部隊だったため、
                      設計&デザイン、植物コーディネイト、施工管理やメンテナンスまで
                      自社で行っているらしいです。
                      その中には、オリジナルデザインの家具の作成
                      も含まれているというのだからすごいです。
                      (先ほどのガラス天板の机等…多くのものがparkERsオリジナルだそう)


                      打合せスペースで、会社のご説明をいただいた後は、
                      青山フラワーマーケットの店舗やparkERsさんのオフィスを
                      見学させていただきました。

                       

                       

                      花青山フラワーマーケット
                      カフェも併設されている表参道の青山フラワーマーケット。
                      中のカフェはおしゃれカフェとしてネットでも有名で
                      いつもお客さんの列ができています。

                      青山フラワーマーケットの店内。
                      なんと花屋さんで通常見かける冷蔵庫がありません!
                      というのも、店長さんの采配で花の入荷数を決めており、
                      売れる分だけしか入れていないので、冷蔵庫は必要ないのだとか。。

                       

                       

                      紅茶TEA  HOUSE

                      青山フラワーマーケット内のカフェ。TEA HOUSE。
                      インスタ映えする!と女性に人気らしく、
                      本日も女性のお客さんでいっぱいでした。

                      温室をイメージした店内は、至る所に花が飾られています。

                      う〜ん、これは確かに撮りたくなりますね!

                       

                       

                       

                      葉parkERs


                      続いてparkERsさんのオフィスです。
                      ガラス張りのオフィスは外から見ても、早くもおしゃれ…。
                      カフェかな?と間違って入ってしまう方もいるのだとか。。

                       


                      社内の打合せスペース。先ほどの机がこちらにも置かれています。


                      オフィスも緑がたっぷり。

                      机に飾られている切り花は青山フラワーマーケットから届くそう。
                      樹木だけでなく、花があることで、オフィスがより一層
                      明るく華やかになりますね。


                      ちなみに、「どうしてオフィス見学を始めたのですか?」とお聞きすると、
                      「私たちが緑のある空間は良いですよ!と口で伝えても、
                      なかなか理解してもらえない。
                      だから実際に緑のある空間の良さを知ってもらうために、
                      オフィス見学をはじめたんです」
                      と答えてくださりました。
                      確かに、実際に見て触れて…体感をすることで

                      自然が身近にある心地よさを実感できるのかもしれません。
                      私もRIKにもこんなオフィスや打合せスペースがあれば
                      素敵だよなぁ…なんて思ってしまいました。


                      普段はなかなか見ることのできない他社様のオフィス。

                      豊かな生活空間をつくり出すことをミッションとするRIKの一員として、

                      今回のparkERsさんのオフィス見学は大変貴重な経験となりました。
                      parkERsさん、どうもありがとうございました。


                      | 1/23PAGES | >>